トロントロン・モーツァルトフェスト合唱団団員募集

Facebook

招聘(しょうへい)音楽家

植田克己

ピアノ、マスタークラス講師
植田 克己

1949年北海道札幌市生まれ。1975年東京藝術大学大学院音楽研究科修了。伊達純、松浦豊明に師事。1969年、第38回日本音楽コンクール入選。1971年安宅賞、1973年クロイツァー賞受賞。1975年から1979年までドイツ・デトモルト音楽大学とベルリン芸術大学に留学。クラウス・シルデに師事。1978年イタリア・ポジターノにおけるヴィルヘルム・ケンプのベートーヴェン講座を受講。日本、ヨーロッパ各地や中国などで演奏活動を展開。リサイタルをはじめ、NHK交響楽団、東京都交響楽団、札幌交響楽団、ベルリン交響楽団、ドイツ・バッハゾリステンなど国内外のオーケストラと共演、一流演奏家との室内楽などで活躍中。1986年から2005年まで『植田克己ベートーヴェンシリーズ』全27回を開催。ピアノソナタ、変奏曲、室内楽曲、歌曲を網羅したプログラムを演奏した。国内外のコンクール審査委員を務める他、石川県金沢市やドイツ・ライプツィヒでのマスタークラスで指導にあたっている。現在、東京藝術大学教授、及び音楽学部長を務める。

出田りあ

マリンバ
出田 りあ

準備中

アンナ・マリア・パーマー

ソプラノ、マスタークラス講師
アンナ・マリア・パーマー

ウィーン国立音楽演劇大学でチェロ、歌曲、オペラ、及び演劇を学ぶ。その後、チューリッヒ国立が劇場に所属。オペラ歌手としては1995年ザルツブルク音楽祭において作曲家ツィンマーマンの指揮のもとで大成功をおさめ、その後ライプツィヒ、ウィーン、ケルン他ドイツ、オーストリアの主要歌劇場で活躍している。また室内楽においても、アルディッチ弦楽四重奏団、ハーゲン弦楽四重奏団、ウィーン・ピアノトリオ他著名アンサンブル、著名ソリストとの共演も数多い。歌曲のレパートリーは中世の作品以降と幅広いが、特に20・21世紀の作品に関心が深く、G.クライスラー、R.フッチス、B.スルツァーなどの作品の初演を行っている。現在、ヨーロッパを代表するソプラノ歌手として好評を受けている。

ヘルベルト・ペンツィンガー

ホルン、マスタークラス講師
ヘルベルト・ペンツィンガー

オーストリアのリード市に生まれる。10歳より、E.ゲロルディンガー教授のもとでホルンを始める。その後リンツ州立アントン・ブルックナー音楽院でA.ハイチンガー教授に師事、さらにウィーン音楽大学大学院でR.ベルガー教授のもとで研鑽を積む。2008年よりグラーツフィルハーモニー管弦楽団、同歌劇場管弦楽団の首席奏者に就任、また、ウィーンフィルでも演奏しており、室内楽、アンサンブルなどの活動も積極的に行っている。2012年より、上部オーストリア州立音楽学校で、ホルン、室内楽の講師を務め、後進の指導も行っている。美しく、ロマチックな音を奏でるウィンナーホルンの名手としても有名である。

菊村隆史

合唱指導
菊村 隆史

宮崎県出身、宮崎県都城市在住。山梨大学教育学部教育科学科卒業、同大学院教育学研究科修了。指揮法を藤井宏樹氏に、またハンガリーにおいて合唱指揮法をサボー・デーネシュ氏に師事。現在、九州を中心に多くの合唱団で音楽監督・常任指揮者を務める一方、日本各地の合唱団の客演指揮、オーケストラとの共演、作曲家への新作委嘱活動、オーケストラ付き合唱作品のコーラスマスターなど、合唱音楽に関する様々な活動に積極的に携わっている。また近年では各地のコンサートホールにおける各種事業や音楽イベントの企画・運営などにも関わっており、活動領域を広げている。くらしき作陽大学において合唱の授業を受け持つなど後進の育成にも力を注いでいる。2008年4月東京で行われた「第1回若い指揮者のための合唱指揮コンクール」のロマン派部門で第1位および総合第2位。あわせてオーディエンス賞を受賞。JCDA日本合唱指揮者協会会員。21世紀の合唱を考える会 合唱人集団「音楽樹」メンバー。

吉野薫

ヴァイオリン、マスタークラス講師
吉野 薫

7歳よりヴァイオリンを故久保田良作のもとではじめる。桐朋学園音楽教室を優秀賞で卒業後、1974年同高等学校音楽科を経て同大学に学ぶ。在学中よりソロの他、室内楽、オーケストラ、現代音楽など幅広く活動。1979年よりハンガリー人のヴァイオリニスト故シャンドール・ヴェーグ氏の招きでザルツブルクのモーツァルテウム大学に学び、協奏曲、室内楽、現代曲などをヨーロッパ各地で演奏。ディプロマを取得し帰国後は引き続き幅広い分野で活動。2005年には東京芸術劇場にて五嶋みどり氏のヴァイオリンソロで指揮をし成功をおさめる。現在桐朋学園音楽教室および国立音楽大学附属高等学校中学校ヴァイオリン講師。

岡島朱利

ハープ、マスタークラス講師
岡島 朱利

母親から音楽の手ほどきを受け、ハープを始める。東京藝術大学付属音楽高等学校、大学、及び同大学院ハープ専攻を首席で修了。平成音楽大学ハープ科講師。音楽芸術学博士。

佐々木駿

トランペット、マスタークラス講師
佐々木 駿

岩手県盛岡市出身。国立音楽大学附属高等学校在学中に日本モーツァルト青少年管弦楽団の首席トランペット奏者として川南モーツァルト音楽祭に出演。バルドウィン・スルツァー教授の薦めで渡欧。オーストリアのリンツ州立アントン・ブルックナー音楽大学に留学。2006年リンツ・ブルックナー管弦楽団のエキストラとして、コンサートや定期演奏会に参加。第3回全日本中学生・高校生管打楽器ソロコンテスト全国大会優秀賞。第7回管打楽器ソロコンテスト優秀賞。現在、トランペット奏者としてコンサートや演奏会などに参加。パシフィックブラスオルケスタ、岩手県警察音楽隊、ほか岩手県を拠点に指揮者、講師としても活動している。