トロントロン・モーツァルトフェスト合唱団団員募集

Facebook

モーツァルトの音楽は田園風景によく似合う

田舎のゆったりとした時間の流れとクラシック古典の優雅な響きを重ね合わせて。
小さな町から芸術文化活動を日本、そして世界へ発信しています。

モーツァルトが似合う町と音楽家の出会い。

音楽祭が開かれる宮崎県・川南町は九州の中部、海に面した人口約1万6千人の小さな田舎町です。その昔、全国各地から人が訪れ開拓していったことから日本三大開拓地のひとつに数えられ、「川南合衆国」なんて呼ばれることも。宮崎平野の自然と日向灘に面した環境で、畜産を主にした農業や漁業が盛んな「よくある田舎町」です。


一方、教え子が川南町出身だったことから同町を訪問したファゴット奏者・馬込勇氏。町立文化ホールの良好な音響に感心し、主宰する日本モーツァルト青少年管弦楽団の演奏会をここで開くことを思い描きました。地元音楽愛好家たちと話すなかで、自身が過去に住んでいたモーツァルトの出身国・オーストリアにはそれぞれの町にその町独特の音楽祭があるということから、馬込監督と地元音楽愛好家たちは「モーツァルトが似合う田舎の音楽祭」の開催へ動き出したのです。

川南らしい、手作りの音楽祭。─でも結構スゴイ。

宮崎県川南町モーツァルト音楽祭は2つの柱があります。

演奏家の教育
レッスン風景
これから活躍する演奏家をサポート
東京や九州で音楽学校に通う日本モーツァルト青少年管弦楽団所属の若手演奏家に、モーツァルトの楽曲を通じてクラシック音楽の原点を勉強できるよう、川南町で合宿を行います。 また、世界で活躍する国内・海外の音楽家を招聘し、地元や近隣の音楽愛好家(音楽の先生、生徒、社会人)たちに向けたマスタークラスレッスンも行います。
コンサート開催
コンサート風景
地元演奏家と一流音楽家が共演
日本モーツァルト青少年管弦楽団と宮崎県内・近隣県から集まって結成されたトロントロン・モーツァルトフェスト合唱団、そして地元中学高校の吹奏楽部ともそれぞれコンサートを行います。日本中から集まった音楽家と地元音楽家、また一流の音楽家との共演で世界と川南が交流を深めます。

「モーツァルトが似合う町」川南町で モーツァルトの楽曲を通して、音楽を楽しむ心を育てたい!